スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
    師に恵まれる。
    【土よう親じかん】をみて感じた②


    (2008/11/29)
    NHK教育【土よう親じかん】
    とゆー番組で、
    テーマ『子どもの習い事』とゆー興味深いことを。

    [ 習 い 事 ] とひとえに言っても
    多くの種類、1ジャンルの中でも多くの先生
    がある中
    良い人格の師(先生)と出会う事が、その後の人生に影響がある
    と言っていた。

    なにをもって良い。とか
    なにをもって悪い。とか
    分別に困るのだが、
    その内側に入って、やっと気づくものだと思う。

    わりと、最初に持った印象でほぼ間違いない。

    素敵と感じたティームなら、やっぱり素敵で、
    波はあっても
    多々、迎えることになる困難にも屈せず伸びようとするし
    成長を認めてもらいつつ、安心感もある。

    物足りなさを最初の印象で持ってしまうと、
    きっと何かしら欲を持ったまま、不満であったり.....
    困難は困難のまま。
    結果、隣の芝が青くみえる。なんて事も


    自分にとって、良い師とめぐり合うにはどーすればいいか。
    望むものについて、アンテナをはる。
    自分の行動力も当然になるけど、
    少しでも多くの友人・知人にも言葉で伝え、力をかりたり
    良いタイミングがくるまで、長い目でみる。
    機会に恵まれれば、行動を起こす。
    見学や体験を希望しましょう。
    その時は、指導をうけるメンバー達の姿勢を見る。
    メンバー達を見守る保護者を見る。
    なにか感じるはずです。

    後は、その内側に入った時
    自身の姿勢も、良い状態であるように努力をします。
    老若男女を問わず
    師とは、自分が伝えきれないものを指導してくれる存在です。
    もしも不満が芽生えた時、自身の状態は決して良いものではありません。
    言いなりで良いとは思いませんが
    伝えて下さる事には、深い真意がこめられていると思うと
    すぐに答えがみつからなくても
    見守ることが出来るんだと思います。


    こーして書いてみると
    最初、軽い気持ちで教わり始めたことも
    だんだんと、思い入れが強くなるのは当然。
    熱を入れ込んでも良いんです。
    親ですもん !
    それでも、見守る時に指導者よりであって欲しい。
    そぅ思いますアップロードファイル



    【2008/12/05 22:55】 | たけみ。の思い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
    <<クリエ。年忘れの会 | ホーム | また改名。>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://twinklebaton.blog121.fc2.com/tb.php/255-66823ef1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。